ひとりSTYLE

ひとりSTYLE  

日々、居心地の良さを追求しています

道で傘を傾ける人 傾けない人 そして自分のめんどくさい性格

f:id:rinrinan:20180724085954j:plain

傘をさして道ですれ違うときは 
自然と傾けてぶつからないようにする。

 

   

 

 当たり前だと思うのですが 出来ない人 
わりといるんです。何故じゃ?

 

そうしなさいって、教わった記憶ないんですけど。
いや、これ無意識の行動かと思うのですが・・・。

傾けない人の種別(?)って 年齢とか女だ男だとか子供だとか
あまり関係ない気がします。

f:id:rinrinan:20180724090055p:plain

 

そういう事 気づかない人は 気づかないようになっているみたいです。
あとわざと絶対よけない人・・。きぃ~!(`^´)

 

こっちが傘よけても 向こうがよけないので 私なんて
傘の下で こちらの顔まで傾けてますよ。(-_-;)

私って ぶつかった時 「やだ、今の人怖いー」と、
とても嫌な気分になり、なにより馬鹿みたいだけど、
その感情ひきずります。

 

何十メートル歩いた先でも 嫌な感情を
ひきづって歩きつづけます。

 

たったそんだけのことで。

 

ビビリで心狭すぎるのでしょうか? あたし。

 

ガン!とぶつかった後
「んもう!傾ける人とそうでない人 壁を作って分かれて生活したいわ!」
って思うのですが(そこまで思うのよ。あたし・・・) 
アリの2割の法則じゃないけど
傾ける人の中から また 傾けない人でてきたりするのでしょうか。

 

笑える・・・。

 

やだ、なんか書いてて 傘 傾けない人 うんぬんより
自分の性格のほうがおかしいんじゃないかと思ってきた・・。

 

 

話それますが なんで必ず2割程度の働かないアリが出てくるかと
いうと、働くありの交代要員なんですって。

みんな働いて疲れて
倒れた時 巣が全滅してしまいますよね?それを防ぐために
体力温存しておくアリが必要だからだとか・・・。

 

私、ただ単に 働いている人(アリ)がいるから 
「ラッキー。じゃ、任せたよ」
って思うアリがいる。性格の問題かと思っていましたよ!
ひゃっひゃっひゃっ~笑

f:id:rinrinan:20180724091709p:plain

 

なんでこの記事書こうと思ったか、傘の事じゃないのですが
先日ですね、私の前をちょい年配の人が歩いていました。

 

歩くの少し遅いため、私は抜かそうと思い 車道にいったん下りて
抜かし また歩道に上がりました。その人の前に。
別にイラっとしたとかではなく、ホント無意識に。

 

そうしたら 「あ、ごめんなさい。私 歩くの遅かったわね。」
って 抜かした私に言ったんです。びっくりしました。
そんな事 言うんだ!。言ってくれるんだ!って。

私「あ!い、いえ!(汗) 大丈夫です。お先に・・・」って
言いましたよ。

 

こういう人もいるんだなーって うれしく思ったと同時に、
あ、私もしかして イラっと嫌な感じで抜かしたと
思われたのかな・・なんか悪い事したな・・
もう一言二言 話したほうが良かったかな・・

 

何十メートル歩いた先でも ひたすら
考えていましたよ。

 

悪い事されても 良い事されても 考えぬいちゃう・・

 

いや、自分の性格めんどくさ~!

 

おしまい(-_-)

 

   

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 


自分らしさランキング 

 にほんブログ村テーマ ひとりごとへ
ひとりごと