ひとりSTYLE

ひとりSTYLE  

日々、居心地の良さを追求しています

映画「ダンケルク」を見ての感想。

f:id:rinrinan:20180625145016j:plain

映画ネタ書きます。

戦争もの映画「ダンケルク」を観ました。

面白かったです。

 

監督は「ダークナイト」「インターステラー」「インセプション」

などのクリストファー・ノーランです。

 

第二次世界大戦中 英仏軍がドイツ軍によって

フランスのダンケルク(海岸)に追い詰められ

そこから40万人ものイギリス人を本土へ救出した

という実話に基づく話。

 

いや、ザックリです・・・。

でも映画もこれだけのザックリ内容になっています。

 

戦争映画あまり知らない私の感想になっていますが、

「プライベートライアン」

「戦場のピアニスト」

「縞模様のパジャマの少年」←お願い!これみて!「うぎゃ~~!」ってなるから!

だけは観ています。

   

 

この映画は 1~3日くらいかな?その間の出来事で

陸海空のそれぞれの「登場人物」による

時間軸によって構成されています。

 

冒頭 プライベートライアンみたいですが、グロくはないし

血も全く出てこない。

 

それに全編にわたってドイツ軍からひたすら攻撃をされるのですが

ドイツ人も全く出てきません。

 

陸・・・若い兵士が 何が何でもイギリスへ帰ろうと船に

    乗り込むが何度も爆撃されてしまうストーリー

 

海・・・民間人が政府の要請で、自分の所有する船で

    (小さい!)ダンケルクへ向かい兵士の

    救出へ向かうストーリー

 

空・・・戦闘機「スピットファイア」で

    敵機と戦うパイロットのストーリー

 

登場人物も少なく、セリフも少なっ!!

 

それぞれの場面のセリフを聞いていても 背景の事情の

説明がないので わかりづらいのですが、

 

でも途中から「はは~ん」はいはいって感じで、

分かってきます。(なんじゃそりゃ)

 

よく戦争映画にある

「おい!一緒に国へ帰るんだろ?!死ぬなよ!おい!」

的な激しい感じはなく、大勢の兵士はみな、

淡々とお行儀よく船を待っているんです。

 

どの登場人物も「責任・犠牲・助け合い」←中学生の表現ですね・・・

のテーマで進んでいっているようですが

もう、トム・ハーディー演じるパイロットがカッコイイし、

海軍将校役のケネス・ブラナーも「最後、責任者はそうよねー」

っていう感じでこれまた カッコイイ。

 

見終って すぐ寝ようと思ったのですが

「あのあと トム・ハーディーどうなったのかなー」って

せつなくてベッドの中で泣きそうになっちゃいましたよ。

 

個人的には チキンな役だったけど、キリアン・マーフィーが出演していたのが

うれしかったわ。

 

 

 (ダンケルク、Netflixでも配信してますよ。)

 

   

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村テーマ 暮らしを楽しむへ
暮らしを楽しむ 

 ありがとうございます