ひとりSTYLE

ひとりSTYLE  

日々、居心地の良さを追求しています

息子はサイコパスじゃありません。ええ違います。

f:id:rinrinan:20180618124507j:plain

 

 息子ネタ中心でこのブログの半分を書いていこうと

思ってました。

 

でも何も面白い事やってくれません。

 

「自立への一歩、お引越し」の企画もまだ先のせいか

息子、何も行動おこしていません(来年だし、あたりまえか・・)

 

なので 子供の頃のエピソードをひとつ・・・。

 

 

息子が幼稚園の頃、 

私は1人でお風呂に入っている時に

溺れて意識なくなったふりをして

息子を驚かすという残酷なドッキリをやりました。←いやな母親

 

途中ゾンビのようになり驚かそうかと・・・。

 

どうして私の浴室に息子が1人でやって来たのか

そのへん覚えていないのですが、

どうにか「ママ~」とか言ってやって来てくれました。

 

湯船にうつぶせになり (顔はお湯に浸かっています)

意識ないふり・・・。

 

びっくりしてパパを呼ぶとか 身体をゆするとかすると思ったら

私の後頭部の髪の毛グワシと掴み 頭持ち上げ、

私の意識がないのを確認したら やれやれという感じで

大きなため息 一つつきました。

再び私の顔を お湯にザブンと戻し、お風呂の栓を抜いて 

出て行きました。

 

思っていた反応と違ったので 「あれ?」と思いつつ

急いで出ていくと、息子、TVでアニメを見てました。

 

「○○くん、びっくりしたー?死んでると思ったー?何で

栓ぬいたのー?」

 

「お湯抜けば 大丈夫だと思った。」

 

いやー冷静~~!!賢い~~!!

と、一瞬思ったけど 

「ん?」これ子供の反応としては

どうなのか・・・。

 

 f:id:rinrinan:20180618115632j:plain

 

主人に (なつかしい響き)

「ね、私が溺れてるって、あの子言ってきた?」

「いや。」

 

この場合すぐ人を呼びに行くほうが賢いですね・・・(T_T)

 

このあとも 時々 冷静 そっけない (やさしくない)

などあるので心配でした。

まさかサイコパスの要素があるんじゃないかと・・・。

 

 

 そこで最近この本を読んで確認してみました。

 

 
(ちょっと内容)
本書にサイコパスだったのではないかといわれている1人として
スティーブ・ジョブズのことが書かれています。ビックリ!
 エピソードが面白い。こんな感じの人だったのね。
 
「プレゼン能力だけ異常に高い。」
「経理管理やチームでの作業が苦手」
 
これ、サイコパスの特徴の一つらしいですが、
うーん。ジョブズ あてはまりそうですね。
 
あとマザーテレサの名前もでてきます。驚きです。
 
彼らは「勝ち組サイコパス」だそう。
 
 
 で、感想はというと 息子違います。
ええ、確信しましたよ。
 
 
たんに「そっけない、ドライな性格の子」なんだと思います。
(でも それはそれで チョットあれなんですが・・・。)
 
 
 ここ数年、片方の窓を開けない息子に「なんで?」と聞いたら
 
「ヤモリがサッシの枠に入っているから可愛そうで
開けられない」と。
 
ウルウル~(;_;)  
 
ほら、やっぱり全然サイコパスじゃないです!!
うちの子は!!
ドン! (`^´)
 
いや、誰も言ってないけどね。
 
はいこっちでも確認しましたよ。
 
なんかこういう人達いるなーって思いました。
サイコパスの心理が興味深く書かれています。
怖いです。
う!こっちは25人に1人って書いてある・・・・。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村